就職のための面接について

人事担当者は、採用に至るステップのどこかで必ず面接を行います。面接を突破しなければ、採用にこぎつけることはまずありません。対面で話をするという段階を経ずに、採用が決まることはまずありません。筆記試験があったとしても、その後には面接があります。採用面接では、じかに会うことでその人の価値観や、他人に対する態度などを見極めていきます。面接では、段階が進むと、部長級や、社長級の人が出てくることも珍しくありません。最初は人事担当者との面接、次は部長や次長との面接、最後に社長や役員との面接という形で面接が続くこともあります。さらに、面接官と応募者が1対1ということもあれば、3対3などそれぞれが複数ということもあります。4~5人の採用担当者が、1人に対して行う面接もあります。面接でよくある形は、企業サイドは質問し、こちらはそれに答えるというものです。どのようなことに関心を持っているか、この会社で働きたいと思っているのはなぜがなどが聞かれます。人数が多い場合、グループディスカッション形式という、少人数に別れてテーマに基づく意見交換をして、グループごとの話をまとめることもあります。面接の場で取り上げられる話題は、その企業によってまちまちです。そのため多くの人は、事前にその傾向を調べておき、本番にそなえて対策を練っています。