個人事業主より株式会社形態の方が人材は採用しやすい

銀行融資というと、法人でないと利用できないイメージがありますが、多くの銀行では個人事業主にも融資を行っています。メガバンクでは融資金額の大きいものが中心で、個人事業主は対象外になりがちですが、ネット銀行や都市銀行、信用金庫のほとんどは個人事業主にも対応しています。

信販・クレジット系カードローンは、信販会社やクレジットカード会社が提供するもので、サービス内容は銀行系とほとんど変わりません。融資にかかる時間も同じくらいですが、中には即日や翌営業日に融資可能なものもあります。

消費者金融に代表される「ノンバンク」と呼ばれる金融機関でも、事業資金の融資を受けることができます。 事業者向けの融資をおこなっている機関は、国内に数多く存在します。

ただし、一般的に銀行の融資は、ノンバンクの消費者金融に比べて金利が低めに設定されています。低金利での融資を希望するなら、銀行への申込を検討しましょう。

また、個人事業主向けの事業性資金であれば、銀行でも消費者金融でも総量規制の対象外です。 事業用の資金を調達する場合には、どちらを利用しても年収に縛られない融資が可能になります。個人事業主 借入

また、有限責任の原則があるので、会社がつぶれても、個人保証をしていないかぎりは、仕入債務や銀行債務は免除されます。