まともな仕事とは何か?考察してみた

・まともな仕事に就きたい!
・でもそもそも「まともな仕事」って何?

まともな仕事に就きたいと考える人は多いです。
でも、そもそも「まともな仕事」とは何なのでしょうか?

あなたは、説明できますか?
様々な定義や解釈はあるにせよ、私は労基法に違反しない会社と考えます。

つまり、簡単にいえばブラックではない仕事がまともな仕事ということです。

では、世の中にどれほどのブラックな仕事・会社が存在するのか。
「労働基準監督年報」によれば7割近くの会社が労働基準関係法令に違反していることが報告されています。

言い換えるなら、3割がホワイトな仕事・会社。
ホワイトな仕事を探すほうが確率的に低いことが一目瞭然ですね。

まともな仕事には就けないのでしょうか。
いえ、そんなことはありません、転職のプロに相談すればホワイトな仕事を紹介してくれます。

その転職のプロというのが「転職エージェント」
転職エージェントのなかにはホワイト企業のみを紹介するサービスも存在します。

つまり、ホワイトな仕事に就けるということです。

一人で探して見つけることは不可能に近いです。
第三者のプロにアドバイスもらいながら探すほうがよっぽど賢明で効率的です。

これから仕事選びに入る方は、ぜひ参考にしてみてください。

参考:まともな仕事って何?【まともな会社に就けない理由と転職時に見分ける方法3選】